2008年05月07日

待つこと

昨日は仕事があったので、あんまり眠れなかった夜だった。
朝まで仕事が続いて、出勤は遅めに…

少し寝不足だったのか、
相手を待ってあげられない自分と出会った一日だった。

去年冬修養会のときにも待つのが難しかった。
だから、今度こそ待つのを大事にしようと思ったのに…
こんなときに頭の中に
「本当の自分の愛のなさに気がついたとき」歌詞が流れていた。



空を見上げた この高い空を
イエス様の愛は空より広い

人の苦しみを その悲しみを その痛みを
同じくらい分かりあえると思っていた
本当の自分の愛のなさに気がついたとき
弱い自分が悲しくて涙がでた

空を見上げた この高い空を
澄んだ青い空は果てしなく広い

空を見上げた この高い空を
イエス様の愛は空よりも広い



sky1.jpg
Edinburghの夜明けの空

主よ。
暗い自分の心に主の光を与えてください。


posted by mizpah at 22:25| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は「優しさのない自分」に会うたびに
何度も自己嫌悪しています…。
Posted by 真由美 at 2008年05月08日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

☆相模原教会・青年会2009☆

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。